過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

タグ:TBS

 俳優、佐藤浩市(52)がトヨタ自動車の創業者、豊田喜一郎氏を題材にしたTBS系スペシャルドラマ(来年3月22、23日放送、タイトル未定)に主演することが5日、分かった。史実に基づいたオリジナル作品で、海外ロケも敢行。香川照之(47)、宮沢りえ(40)、山口智子(49)ら豪華共演陣をそろえ、苦難を乗り越えて初の国産車開発に尽力した人々の生き様を壮大なスケールで描く。

 今や世界でトップクラスの性能を誇る日本車。第二次大戦前後、その礎を築いた技術者たちの情熱や苦悩を、佐藤ら日本を代表する俳優陣が表現する。

 今作はトヨタ自動車の創業者、豊田喜一郎氏をモデルにした織機エンジニア、愛知佐一郎が主人公。世界恐慌が始まった1929年、欧米視察で自動車産業の隆盛に衝撃を受けた佐一郎は帰国後、時代の激動期に国産車の開発に尽力。後に社長としてアイチ自動車の基盤を作り上げる。

 佐一郎を演じる佐藤は、公開中の「清須会議」など今年5本の映画に出演。幅広い演技力でさまざまな役を演じてきたが、近代の実在人物を描くにあたり「技術者として信念を持って生きた主人公の人間的魅力を果たして演じきれるのだろうか、という気持ちです」と気を引き締める。

 トヨタ自動車の全面協力で11月中旬にクランクイン。撮影は2カ月半にわたり、海外ロケも予定するなど大作映画級の規模で行われる。さらに、国産車の性能を証明するため、47年に実際に行われた小型乗用車と列車の競走を迫力満点のCGで再現するなど、見どころもたっぷりだ。

 同局の貴島誠一郎プロデューサーは起用理由について「作業着も似合う、男らしいリーダーを演じることができるのは佐藤さんしかいなかった」と説明。佐藤も「フィクションではありますが、モデルとなった喜一郎氏のエッセンスを織り交ぜながら演じたい」と理想に燃える“日本のリーダー”を全力で熱演することを誓った。
続きを読む

 低迷を理由に第8話での打ち切りが決まった女優・川口春奈(18)主演の連ドラ「夫のカノジョ」(TBS)の第6話が11月28日放送され、平均視聴率3・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 前回の第5話は今世紀以降のプライム帯(午後7〜11時)で放送された連ドラで最も低い3・0%を記録。川口はわずか18歳にして「史上最低視聴率女優」となってしまったが、彼女のひたむきな姿にファンのエールが殺到し、第6話は0・6ポイントアップとなった。

 この大コケの“戦犯”として挙がっているのは、川口の所属する大手芸能事務所「研音」ではなく、老舗事務所の「ホリプロ」だ。ドラマ関係者の話。「このドラマはホリプロとTBSの共同製作で、プロデューサーもホリプロの社員なんです」

 実際、川口を除く主要キャストには鈴木砂羽(41)や片平なぎさ(54)、古川雄輝(25)などホリプロ勢がズラリ。別のドラマ関係者は「当初、鈴木さん主演の話もあったが、スポンサーへの見栄えを考慮して、川口さんになった。初回からあれだけ数字が悪ければ、普通ならホリプロが先頭に立って台本の書き直しを命じたりするものだが、どこか人ごとだった」と明かす。

 結果、川口だけが低視聴率の責任を背負うことに…。「彼女の所属事務所は内心『ホリプロめ〜』と煮えくり返っているでしょうね」(同)

 一方で共演者は川口に「連帯責任だから気にすることはない」と声を掛け、将来、川口主演で大ヒットドラマが誕生するまでバックアップすることを誓ったという。
続きを読む

 TBSの定例社長会見が27日、東京・赤坂の同局で行われた。今月10日に開いた謝罪会見で、個人事務所の所得隠しによる芸能活動休止状態からの復帰を表明したタレント・板東英二について、かつてレギュラー出演していた「世界・ふしぎ発見!」への復帰の可能性を問われたが、佐々木卓編成局長は「会見があったのは存じ上げているし、しかるべき番組があれば、お話はさせていただくこともあるかもしれないが、現状では何も聞いていない」と否定した。

【写真】板東英二 涙の謝罪会見で20年にわたる植毛告白「カツラは経費と思った」

 板東は「ふしぎ発見」に1986年の放送開始から解答者として出演。黒柳徹子や野々村真ら共演者とのやりとりが人気だった。しかし、2012年12月に個人事務所の7500万円に及ぶ所得隠しが発覚。翌13年1月以降は出演を見合わせ、2月に正式に降板が発表された。

 板東は発覚以降、すべてのレギュラー番組を降り、休業状態が続いたが、今月10日に大阪市内で謝罪会見を開き、芸能活動再開を表明。24日にはナインティナイン岡村隆史のインターネット生配信番組に出演した。
続きを読む

■「アイドルだけじゃ食えない」

 TOKIOの国分太一(39)が来春から「はなまるマーケット」(TBS)の後継番組の司会に起用されることが明らかになった。内容は情報バラエティーで、月曜から金曜までの生番組。TBSの“朝の顔”になる。

 国分に限らず、ここ数年、ジャニーズ事務所のタレントが報道、情報、スポーツ番組のキャスター業に参入するケースが相次いでいる。

「KAT―TUN」の亀梨和也(27)は「Going!」(日本テレビ)などでスポーツキャスターを。先日は「NEWS」の小山慶一郎(29)が来年1月から夕方の報道番組「news every.」(日テレ)の午後4時台のメーンキャスターに就任することが明らかになった。

 報道やスポーツの現場に、こんなにアイドルが進出してきたら、本職の司会者やアナウンサーのみならず、元スポーツ選手のキャスターも、お飯(まんま)の食い上げである。ウラにはどんな事情があるのか。テレビ関係者がこう語る。

「ジャニーズとはいえ、もはやアイドル一本で食える時代じゃありません。SMAPが先鞭(せんべん)をつけて俳優や司会、そしてお笑いにまで進出したように、今はジャニーズもマルチタレント化が求められている。もうひとつの理由は高齢化。国分も来年で40歳。いつまでも体を張った番組は厳しい。事務所の政治力が生かせるうちに帯番組の司会に就けば向こう数年は仕事の心配がない。生番組の司会は大変ですが、年間のギャラは1億円近いし、うまくハマればジャニーズの先輩の薬丸のように10年以上の活躍も見込めます」

 NHK「あさイチ」ではイノッチこと「V6」の井ノ原快彦(37)が遅咲きのブレーク。

「人気も実力もボチボチのジャニーズは今後、どんどんキャスターやMC業に進出するはずです」(前出のテレビ関係者)
 歌って踊れるだけじゃ芸能界で生き残れないとはいえ、ニュース原稿までジャニーズが読む時代とは……。
続きを読む

 女優・川口春奈(18)主演のTBS系ドラマ「夫のカノジョ」(木曜、後9・00)の第5話が21日に放送される。この日、同ドラマが12月12日放送の第8話で終了することが判明。川口のブログではこの日の放送を前に、マネージャーがドラマをPRし、ファンからは「ドラマ楽しみ」などと応援のメッセージが寄せられている。

【写真】小林麻耶アナ、打ち切りに大ショック…鳴り物入りでスタートもわずか1年

 14日の第4話の視聴率は同作最低の3・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。インターネットなどでは、ドラマの低視聴率が話題になり、川口は15日のブログに「また下がっちゃって…なにかとニュースにされてるけどわたしは大丈夫です 視聴率、視聴率、、今はすべてが数字で判断される時代なのかな?悲しいな…思うことはたくさんあるけど楽しくやってまーす」とけなげに書き込んでいた。

 その後、川口自身がブログに書き込むことはなく、マネージャーが近況などを報告。21日のブログでは、「『夫のカノジョ』5話の放送です!今夜の放送では、母の娘に対する愛情をテーマに展開していきます!春奈、18歳ですが、、(笑)一人の母親の感情を表現するために、奮闘してます!春奈も母を演じることで、『夫のカノジョ』のように、自然と相手の気持ち、わかっているような気がします。観てくださいね!」などとPRした。

 ファンからは、「ドラマ楽しみです」「夫のカノジョ面白いです!子供達が傷つかない展開が良いです(笑)春奈さんはよく知らなかったけどこれから注目して応援しようと思います!健康的でとても魅力的です!元気をありがとう」などと応援するメッセージが届いている。

 「夫のカノジョ」が8話で終了することについて、TBS側は「当初の予定通り」と説明している。
続きを読む

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(30)が21日、都内で行われた「リアル脱出ゲーム×宮古島 封印された島からの脱出」オフィシャルサポーター任命式に出席。TBSの田中みな実アナウンサー(26)との順調な交際ぶりを伺わせたが、「TBSからはじかれてる。脱出というより追放だ」と必死に訴えた。

オリラジ藤森 みな実アナとの結婚「真剣に考えています」

 街を題材にした謎解き「リアル脱出ゲーム」のPR会見にも関わらず、未体験の藤森は呼ばれた理由が分からないと不思議な顔。すると、同席した芸人たちから「TBSで脱出ゲームの番組をやっていたから」と“癒着”を疑われた。これを真っ向から否定し「今、TBSでレギュラーをやらせてもらっているけど、入りづらくはある」と告白。「これをきっかけにまたTBSとお近づきになりたい」と熱望した。

 報道陣から「エースの局アナとですもね」と田中アナを持ち上げられると「エースなんてとんでもない」と謙そん。「僕のことじゃないですね」と慌てて訂正した。
続きを読む

このページのトップヘ