過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

タグ:離婚

 タレント鈴木紗理奈(36)が4日、レゲエユニット「Infinity16」のTELA―C(テラシー、年齢非公表)との離婚を発表した。3日に離婚届を提出した。

【写真】09年、妊娠7カ月でTELA−Cと挙式した鈴木紗理奈

 マスコミ各社に事務所がファクスで報告した。文面には「一部報道が出てから今日に至るまで、報告出来ず心配させてしまったファンの皆様及び関係者の皆様には、深くお詫び申し上げます」とつづられている。

 2人は音楽を通して知り合い、5年間の交際を経て08年12月に結婚。10年2月には長男(3)が誕生した。

 互いに自己主張が強いためケンカの多い夫婦だったが、離婚を決断した理由は、夫の度重なる浮気に「紗理奈が耐えきれなくなった」(友人)。紗理奈は結婚後にバラエティー番組で夫の浮気について赤裸々に話したことがある。

 結婚前は知らない女性から夫に連絡が入るだけで怒り心頭だったが、結婚後は「自分は嫁だから」 と自分に言い聞かせていると明かしていた。その際に「相手を信頼するしかない」とも話していたが、2人の信頼関係はもはや修復不可能な状態。約5年の結婚生活にピリオドを打つことになった。
続きを読む

 タレントの山口もえさん(36)が、一時的に声が出なくなる「失声症」にかかったとテレビ番組で告白した。IT実業家の元夫に尽くし過ぎてストレスがたまったのだという。

 もえさんは、IT実業家と2005年に結婚したときは、「セレブ婚」と話題になった。子供も2人生まれたが、11年に夫がキャバクラ無許可営業の疑いで逮捕されると、しばらくして離婚している。

■料理などが負担になったと言うが…

 そんな結婚生活の中で、もえさんは、失声症に一時かかって、仕事を1週間キャンセルしていたというのだ。

 告白したのは、2013年11月18日夜放送の日テレ系バラエティ番組「有吉ゼミ」でだ。「結婚向いてないバツあり芸能人」の特集で、もえさんは、「夫に尽くして重荷になる女」として紹介された。

 もえさんは、家庭ではとにかく良き妻であろうとし、夕食には常におかず5品を出していたと明かした。カレーのときさえ5品を用意し、ナンまで手作りしていたそうだ。また、多忙な夫が深夜に帰るときも寝ないで起きるようにし、飛行機到着の時間も分からないのに空港で出張帰りの夫を待ち続けたという。

 ところが、自宅でホームパーティ用の豪華な料理を徹夜で準備すると、パーティ翌朝には声が出なくなってしまったのに気づいた。病院に駆け込むと、医師からは「ストレスからくる失声症」と診断された。番組では、もえさんが家事によるストレスで疲れ切り、夫も尽くされ過ぎたのがストレスになって離婚したと締めくくっていた。

 失声症は、脳の障害などから患う失語症とは違い、心因性だとされている。しかし、家事によるストレスで失声症になるものなのだろうか。

 この病気に詳しい駒沢メンタルクリニックの李一奉院長は、こう解説する。
続きを読む

このページのトップヘ