過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

タグ:進撃の巨人

 別冊少年マガジン(講談社)で連載中の人気コミック「進撃の巨人」の実写映画製作が、映画『のぼうの城』の樋口真嗣を監督に迎えた新プロジェクトとして再始動することがわかった。同作は2011年12月に実写映画化が発表されていたが、メガホンを取るはずだった中島哲也監督が2012年に降板。新たな監督探しが進められていた。

 一旦は白紙となっていた実写化企画が製作発表から約2年で再始動。プロジェクトチームも一新され、脚本はテレビドラマ「ブラッディ・マンデイ」や映画『GANTZ』シリーズの渡辺雄介、そして映画評論家の町山智浩がタッグを組んで担当。2014年夏の撮影を予定し、2015年の全国公開を目指す。製作陣はすでに原作者である諫山創とも打ち合わせを重ねており、諫山は自ら脚本や映画版に登場するキャラクターのアイデアを提供しているという。

 「進撃の巨人」といえば、今年放送されたテレビアニメ版が大ヒットを記録し、先日もオープニングテーマを歌うLinked HorizonがNHK紅白歌合戦初出場を決めるなど話題を呼んだばかり。映画化が発表された2011年よりもさらに多くのファンを獲得している。

 それだけ映画版に課せられたハードルは高くなったともいえるが、樋口監督といえば『巨神兵東京に現わる 劇場版』や特技監督を務めた平成「ガメラ」3部作など、特撮を駆使した演出にも定評のある人物。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの制作にも携わっており、人類による巨人との戦いを描くにはうってつけの人選といえそうだ。また脚本の町山は数々の映画評や著書への高い評価だけでなく諫山とも親交が厚く、原作への多大なるリスペクトを込めた作品となることを期待させる。

 「進撃の巨人」は突如出現した謎の巨人によって滅亡の危機に直面し、巨大な壁の内側で生きる人類の戦いを描いたファンジー。巨人の不気味なビジュアルや彼らに捕食される人間たちの恐怖、さらに巨人の誕生や巨大な壁の謎をめぐる物語が、痛快なアクションと重厚な人間ドラマを交えて描かれる。現時点で新たな映画版の詳細は明らかになっておらず、物語やキャストといった新たな発表に注目したい。(編集部・入倉功一)

映画『進撃の巨人』は2015年公開予定
続きを読む

 アニメ『進撃の巨人』のオープニングテーマ曲「紅蓮の弓矢」などが大ヒットし、年末のNHK紅白歌合戦への出場が決定している、Linked Horizon(リンクトホライズン)は2日、自身の公式サイトで、Revoの“なりすましツイッター”が多数あるとして、ファンらに注意を呼びかけている。

【オリコン年間】『進撃の巨人』全11巻が年間100万部突破

 公式サイトでは「近頃、RevoになりすましたTwitterの報告が多数寄せられておりますが、Revo本人が発信しているものではございませんので皆様どうぞご注意下さい」と報告。現在、Sound HorizonとLinked Horizonが公式で発信しているツイッターアカウントについては、「Sound Horizon 情報局」及び「Linked Horizon 情報局」の2つのみとし、それぞれの正式なアカウントを掲載している。

 なお、ツイッターをはじめ、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを公式で始める際には、「必ずSound Horizon及びLinked Horizonオフィシャルサイトにて告知を致します」と説明し、「公式発表をしていない情報に関しましては、危険を伴う場合がございますので皆様くれぐれもご用心下さいますようお願い申し上げます」と呼びかけている。

 Linked Horizonは今年、4月〜9月にMBS、TOKYO MXほかで放送されたアニメ『進撃の巨人』のオープニングテーマ曲「紅蓮の弓矢」などが大ヒットした音楽ユニット。アーティスト集団Sound Horizonを主宰するサウンドクリエーターのRevoが、他作品とコラボレーション(リンク)する際に、同ユニット名を使用している。
続きを読む

 大みそか恒例の『第64回NHK紅白歌合戦』(後7:15〜11:45)の出場歌手が25日、発表された。東京・渋谷の同局で初出場9組中7組が会見を開いたが、紅白取材の常連記者たちの間で「誰?」と話題に上がったのが、Linked Horizon(リンクトホライズン)。会見は欠席し、「テレビで初めてとなるパフォーマンスが、紅白歌合戦であるということを大変光栄に思っております」とメッセージを寄せた。

■初出場が9組!今年の紅白歌合戦 出演者一覧

 Linked Horizonは今年、4月〜9月にMBS、TOKYO MXほかで放送されたアニメ『進撃の巨人』のオープニングテーマ曲「紅蓮の弓矢」などが大ヒットした音楽ユニット。アーティスト集団Sound Horizonを主宰するサウンドクリエーターのRevoが、他作品とコラボレーション(リンク)する際に、このユニット名を使用している。

 7月10日に発売されたマキシシングル「自由への進撃(紅蓮の弓矢/自由の翼/もしこの壁の中が一軒の家だとしたら)」は、初週12.9万枚を売り上げ、オリコン週間ランキング2位に初登場。その後も快進撃を続け、現在までに累計22.7万枚のヒットを記録している。

 紅白のプロデューサー陣は選出理由を「アニメソングの中で、最も売れた楽曲。アニメソングという一つのジャンルを代表して、出ていただくことになりました」と説明。歌唱曲の発表は後日行われるが、Linked Horizonは選出理由からも「紅蓮の弓矢」になる可能性が濃厚で、Revoも「大みそか当日は、紅白歌合戦スペシャルバージョンでの演奏を用意しておりますので、ぜひ楽しみにしていてください」とコメントしている。
続きを読む

このページのトップヘ