紅白戦線、異状アリ……。目玉なし、サプライズなしの出場歌手発表から一夜。イマイチ派手さに欠ける面々に、「特別枠」への注目がより一層集まっている。

 何といっても、メーンイベントは「あまちゃんコーナー」。25日の会見では制作サイドの歯切れも悪く、制作統括の山田良介氏は「これからですね、まだ何とも……。やっと出場発表にこぎつけられたので。何とかしないと、とは思っていますが……」とゴニョゴニョ。ヒロインの能年玲奈(20)を紅白PR大使に任命したはいいが、能年の母親役を演じ、「潮騒のメモリー」が大ヒットした小泉今日子(47)は「ゆっくりしたい」という理由で首を縦に振らず、交渉はかなり難航している。

「あまブーム」に火がつくと、NHKは早い段階から“あまファミリー”へのアピールを開始。小泉、薬師丸ひろ子(49)、小池徹平(27)、ピエール瀧(46)を「鶴瓶の家族に乾杯」にゲストとして呼び、「アメ女」センター役の足立梨花(21)を「七人のコント侍」(BSプレミアム)のレギュラーに抜擢した。さらに、10月からは橋本愛(17)主演のドラマを放送中。今月29日には、「薬師丸ひろ子35周年記念コンサート」の模様を放送する予定だ。

「『GMT』メンバー、古田新太、クドカン、ピエール瀧などは出てくるでしょう。薬師丸ひろ子は微妙といわれていますが、出てくれるのではという話です。10月に開いたコンサートでは『潮騒のメモリー』を歌わなかった。“音痴”という設定への配慮だったといわれています。それだけ『あまちゃん』を大事にしているのだとすれば、OKの可能性もある」(芸能関係者)

■楽天とのコラボ説も

 とはいえ、最終的に小泉が出なければ、「ホンモノの潮騒のメモリー」は完成しない。

「もし小泉が出なかった場合は、出場歌手で『潮騒のメモリー』を大合唱するしかない。能年が指揮者のようなポーズをして、みんなを引っ張る。本編でも少し登場しましたが、岩手県出身の楽天・銀次選手のゲスト登場もあるかもしれません。楽天の日本一は今年の目玉ニュースですからね。民放で『あまちゃん』の舞台裏をペラペラしゃべっている渡辺えりは声がかかっていないようですが、いざとなれば、オファーするかもしれません」(前出の関係者)

 制作サイドの右往左往が丸見えの紅白なんて、見ててなんだか複雑……。
続きを読む