過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

タグ:華原朋美

■昨年は過去10年最低視聴率

 元恋人同士の華原朋美(39)と小室哲哉(54)が“再合体”――。来月4日生放送する「FNS歌謡祭」(フジテレビ)で破局から15年ぶりに共演するという。
 このコンビの復活は1年前、華原が同番組で芸能界復帰した時から取り沙汰されてきた。それだけによ〜く練られたプランなのは確かである。さるテレビ関係者の話。

「明治天皇の玄孫(やしやご)との恋仲が取り沙汰されている華原と、療養中の妻・KEIKOを献身的に支える小室。お互いに過去のイザコザを吹っ切って、リスタートしているのが最大のポイント。今回の共演はプラスにはなっても、マイナスに働く要素は見当たらない。絶好のタイミングですね」

 新曲を出せばミリオンセラーを連発し、90年代の音楽界を牽引してきた華原と小室。しかし、今回の復活劇には2人を取り巻く周囲の思惑や“大人の事情”が透けて見える。

 華原でいえば、所属事務所の懐事情。
「看板女優の仲間由紀恵、高橋みなみや小嶋陽菜といったAKB48の中枢メンバーを抱えていますが、次なる柱が欲しかったところ。華原の再ブレークは拾い物」(芸能プロ関係者)

 一方の小室はアニメやラッパー、浜崎あゆみに楽曲を提供するも、ちっとも話題にならず。先月、自身のツイッターで「僕の奏でる音で、一緒に作品を創りたい女の子」と女性シンガーの卵を募集したが、これまた反響はほとんどなし。昨年、同歌謡祭の視聴率がこの10年で最低を記録したフジも、大きな目玉となる起爆剤が欲しいところだった。

 音楽ジャーナリストの渡邉裕二氏は、こう分析する。

「振り返れば、ヒット曲のない一年。盛り上がりに欠ける音楽業界でサプライズには持ってこいだし、『MUSIC FAIR』や『僕らの音楽』『新堂本兄弟』といった歌手のコラボを得意とするフジならではの企画でもある。華原と小室にとっても、話題を呼べば新たにベストアルバムやコンサートの話が出てもおかしくないでしょう」

 NHK紅白の復帰話も飛び込めば、ますます追い風。それぞれ思惑は別の「同床異夢」。さてソロバン通りの銭勘定となるか――。
続きを読む

 歌手の華原朋美(39)が25日、東京・渋谷のNHKホールでコンサートツアーの最終公演を行った。この日は、会場のすぐ隣にあるNHKで紅白歌合戦の出場者発表の会見が行われたこともあり、華原は「力不足で申し訳ありません。今回は出場できません」とファンに落選を生報告し、謝罪した。

【写真】数億円の慰謝料を請求した小室の前妻がKABA.ちゃんブログに登場

 昨年12月に5年のブランクを経て復活し、今年は紅白を最終目標に掲げ、活動していた。それだけに悔しさは残るものの、「夢はそんな簡単にかなわないという現実を思い知りました。でもこれで来年の目標ができました」と、1年後の“リベンジ”を誓っていた。

 またこの日は、華原への求愛を公言している明治天皇の玄孫(やしゃご)で慶応大講師の竹田恒泰氏(38)も会場に訪れた。華原は3500人の観客を前に竹田氏が来場していることを明かし「竹田くんとはホントにまだ付き合ってません」と公言。献身的に支えてくれる竹田氏に感謝しながらも「“彼氏になってほしい”と思ったら“なって”って言うけど、今のところはないです。ごめんね」と小悪魔ぶりを発揮した。

 終演後に取材に応じた竹田氏は、初体験だった華原のコンサートに「きれいでした。素晴らしかった」とうっとり。ステージから“紹介”されたことには「びっくりしました」と苦笑いだったが、「待ち続ける」という気持ちに変わりがないか?と確認されると、「そうです」ときっぱり答えた。

 公演前には楽屋を訪れ、華原が目標としていた紅白歌合戦に落選したことについても、話をしたそうで「“来年の目標ができてよかったね”と話しました」とどこまでもポジティブに献身的だった。 コンサートでは、今年4月に発売した復帰シングル「夢やぶれて」などを感情豊かに歌い上げた。

 【華原と紅白】

 華原は昨年12月5日にフジテレビ系「FNS歌謡祭」に出演し、5年ぶりに歌手復帰を果たした。昨年の大みそかは家族ですきやきを食べながら紅白を見て、「またここで歌えたらいいな」と10年ぶりの夢の紅白に、思いを強くしたという。

 今年1月3日のイベントでは、「いつか(紅白に)また出てみたい。それが夢になりました」と話し、6月のアルバム発売記念ライブでも、大目標に紅白出場を挙げていた。
続きを読む

 歌手の華原朋美に求愛中と報じられた慶応大講師で明治天皇の玄孫にあたる竹田恒泰氏が19日夜に放送されたTBS系「もてもてナインティナイン」(火曜、後7・00)に出演。猛烈アタックしたものの、華原に「お断りされたのは事実です」と話しながらも、「彼女も今、正念場ですから」と諦めていないことを明かした。

【写真】数億円の慰謝料を請求した小室の前妻がKABA.ちゃんブログに登場

 竹田氏は、「ぼくが愛おしいと思っているおもってること、デートを何回したこと、それでもまだお付き合いに至ってないことは事実です」と報道を認めた上で、求愛を断られた際に「もうちょっと(様子を)みてみたい。待ってください」と言われた態度が「自然体ですごくよかった」と前向きに考えられる“根拠”を示した。

 竹田氏は「彼女も今正念場ですから。大きな困難を乗り越えて…はっきり言って恋愛するとか言ってる場合ではない、その通りです。僕も納得です」と華原の言う「来年」を待つ心境を告白していた。

 また、2人が接近するきっかけについては、番組での共演後に、楽屋にあいさつに行ったところ、華原の方から「LINEやってますか?」と聞かれ、連絡先を交換することになった、とも明かした。
続きを読む

このページのトップヘ