女優の吉高由里子さんが「第5回TAMA映画賞」の最優秀女優賞を受賞し23日、パルテノン多摩(東京都多摩市)で行われた受賞式に登場した。「横道世之介」(沖田修一監督)に出演した吉高さんは今後の抱負を聞かれるとしばらく言葉に詰まったが、客席から「頑張れー」という声援が飛ぶと笑顔を見せ「(抱負は)これからどんどん戦うこと。『ありがとうございます』というあいさつだけで終われる年でもないので、大人の女性として流ちょうにお話しできればいいな」と話し、「不思議ちゃんって言われたくないんです。(CMの)『ハイボール飲んでうぃ〜』っていうのも台本のせりふをちゃんと覚えてやっているし、そんな感じで……長くなっちゃったんでもうやめます」と“吉高節”をさく裂させ、会場の笑いを誘っていた。

【写真特集】セクシーなドレスで大人の魅力 美脚を披露した吉高由里子
続きを読む