過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

タグ:有村架純

 いよいよ12月に突入し、1年の総括となるさまざまな催しや発表などが連日行われているが、ORICON STYLEでも先ごろの“俳優(男優)編”に引き続き、年末恒例の『今年最もブレイクしたと思う女優』についてアンケートを実施。首位に輝いたのは、連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK総合)の主演を務めた【能年玲奈】。続く2位にも同作に出演した【有村架純】がランクインするなど、“あまちゃん女優”による1、2フィニッシュとなった。

■わずか1作で“今年の顔”となった正真正銘のシンデレラガール

 女優に関して言えば、今年は紛れもなく能年のための年だったと断言できる。『あまちゃん』以前は、無名女優に近かった彼女が、オーディション1953人の中からヒロイン・天野アキ役を射止め一躍シンデレラガールとなることを、誰が予想出来ただろうか。

 『あまちゃん』で魅せた、何色にも染まっていない“無垢”な演技は、若年層のみならず幅広い世代に鮮烈な印象を残した。それは、今回のランキングでも10代〜40代すべての層で首位を獲得したことでも証明している。彼女を支持する要因としては、「『あまちゃん』の演技がとても素敵で毎朝、本当に楽しかった! かわいい笑顔が魅力的!」(東京都/40代/女性)、「能年さん以外にあり得ない。あまちゃんでの輝きは圧倒的で驚きだった」(埼玉県/30代/男性)など、その眩いばかりの笑顔に魅了されたという声が高い。

 能年の人気ぶりは、『あまちゃん』終了後もその余波は続く。同作の終了を惜しむ声から“あまロス”という現象が生まれ、先ごろ発表された『2013 ユーキャン新語・流行語大賞』でも、主人公・アキの決め台詞「じぇじぇじぇ」が大賞に選出。能年自身も各種イベントやCMに引っ張りだこ、大みそかの『第64回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)の紅白PR大使就任と、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。来年4月には『あまちゃん』出演後、初となる映画『ホットロード』の主演が決定している。『あまちゃん』とは180度異なる不良少女という役どころは非常にリスクが伴う挑戦ともいえるが、彼女が真の意味での“国民的女優”となるためには避けては通れない道と言えるだろう。

■短期間でCM契約が急増!! 能年すら凌ぐ有村架純の飛躍

 続く2位にランクインした有村架純も、首位の能年に負けず劣らずの飛躍ぶりを見せている。短期間の内にCM契約本数を大幅に増やし、現在彼女が出演するCMは計11本。わずか半年余での躍進ぶりは、印象として能年をも凌駕する勢いだ。2010年に芸能界デビューし、件の『あまちゃん』では、小泉今日子演じた天野春子の10代を熱演。80年代に流行した“聖子ちゃんカット”で劇中に登場した有村には、視聴者からもデビュー当時のキョンキョンにそっくりという声が多く寄せられ、話題をさらった。

 『あまちゃん』以降の彼女の露出ぶりについては「あまちゃん効果では一番ブレイクしたと思う」(千葉県/10代/女性)、「一発屋な感じがなくこれから残っていきそうな女優として選びました。かわいいだけじゃなく演技の幅が広いんじゃないかなと感じます」(奈良県/20代/女性)など、『あまちゃん』を引きずることなく、さまざまなフィールドでの活躍に期待できるという声が高い。後年振り返った際に、『あまちゃん』の中で一番の“出世頭”は彼女だったとの結論に至る可能性も十分にある。

■さまざまなアプローチの若手女優が台頭&新たな魅力を開花させた女優も

 そのほか上位にランクインした女優は、『とんび』(TBS系)、『ヴァンパイア・ヘヴン』(テレビ東京系)、『ショムニ2013』(フジテレビ系)、そして現在放送中の『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS系)と4期連続でドラマ出演、多数のCMにも出演している【本田翼】が3位に。『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)で初の“月9主演”や多数のCM出演、さらに歌手デビューと、まさに八面六臂の活躍を見せた【剛力彩芽】(5位)、『あまちゃん』で、能年とは対照的なクールかつ妖艶な雰囲気を醸し出した【橋本愛】(6位)、映画『ヒミズ』や『地獄でなぜ悪い』、ドラマ『Woman』(日本テレビ系)などの“問題作”に立て続けに出演し、批評家たちから大絶賛を受ける【二階堂ふみ】(10位)など、まさに今年を代表するフレッシュな面々が顔を揃えており、近年稀に見る“豊作の年”だったことが伺える。

 また、今年を象徴するという意味合いでは、『あまちゃん』で能年演じる主人公・アキの母親役を務めた【小泉今日子】(7位)、『半沢直樹』(TBS系)で堺雅人演じる主人公・半沢を“内助の功”として献身的に支える妻を好演した【上戸彩】(8位)、AKB48卒業後、本格的な女優としての道を歩み始め、主演映画『Seventh Code』がローマ映画祭で2冠を獲得するなど、成長著しい【前田敦子】(9位)のランクインなどは、各々の魅力を再認識したという意味で、今年を象徴する結果と言えるだろう。

【調査概要】
時期:2013年11月18日(月)〜11月25日(月)
対象:計1,000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
地域:全国
方法:インターネット調査
続きを読む

 来年1月よりスタートする嵐・松本潤主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「失恋ショコラティエ」のキャストが25日、発表された。松本演じる主人公・爽太が思いを寄せるヒロイン役には女優・石原さとみが決定。そのほか、水川あさみ、水原希子、有村架純らの出演が明らかになった。

出演者たちの写真

 同ドラマは、累計120万部を発行する水城せとなによる同名コミック(小学館フラワーコミックスα)が原作。製菓学校に通う小動爽太(こゆるぎそうた)が、高校時代に一目惚れした先輩の女性を振り向かせたい一心で、フランスで修行に励み、一流のショコラティエになって帰国するも、彼女はすでに結婚しており、すれ違ってしまうという片思いの恋愛を描いたラブストーリー。

 石原が演じるサエコは、学生時代は「各学年の一番のイケメンと次々付き合ってきた女」として知られ、常にイケメンと付き合ってきた、爽太いわく「手の届かない幻のチョウのような」人という魔性系女子。天真らんまんに、しかし思わせぶりに振る舞い、天然なのか計算なのかわからない女子力の塊のような女子で、劇中では人妻となりながらもイノセントで空気の読めない言動で爽太を惑わせ続ける……という役どころだ。

 そのほか、爽太の父が経営するケーキ屋の従業員で、爽太が一流のショコラティエとして帰国したのち、一緒にチョコレート専門店「ショコラヴィ」を始めることになる井上薫子(いのうえかおるこ)役には水川あさみ。また、爽太と同じように一人の男性に猛烈に片思い中で、爽太と意気投合したことから肉体関係を持ち、いわゆる“セフレ”となるモデル・加藤えれな役にはモデルの水原希子。また、爽太がフランスでショコラティエ修業をしていたときに親友となったフランス人(ドラマではフランス人と日本人のハーフ)オリヴィエ・トレルイエ役には溝端淳平。そんなオリヴィエに片思いされる爽太の妹、小動まつり(こゆるぎまつり)には有村架純がそれぞれ決まっている。

 「失恋ショコラティエ」は2014年1月スタート。毎週月曜午後9時〜9時54分放送。
続きを読む

このページのトップヘ