過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

タグ:川口春奈

 低迷を理由に第8話での打ち切りが決まった女優・川口春奈(18)主演の連ドラ「夫のカノジョ」(TBS)の第6話が11月28日放送され、平均視聴率3・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 前回の第5話は今世紀以降のプライム帯(午後7〜11時)で放送された連ドラで最も低い3・0%を記録。川口はわずか18歳にして「史上最低視聴率女優」となってしまったが、彼女のひたむきな姿にファンのエールが殺到し、第6話は0・6ポイントアップとなった。

 この大コケの“戦犯”として挙がっているのは、川口の所属する大手芸能事務所「研音」ではなく、老舗事務所の「ホリプロ」だ。ドラマ関係者の話。「このドラマはホリプロとTBSの共同製作で、プロデューサーもホリプロの社員なんです」

 実際、川口を除く主要キャストには鈴木砂羽(41)や片平なぎさ(54)、古川雄輝(25)などホリプロ勢がズラリ。別のドラマ関係者は「当初、鈴木さん主演の話もあったが、スポンサーへの見栄えを考慮して、川口さんになった。初回からあれだけ数字が悪ければ、普通ならホリプロが先頭に立って台本の書き直しを命じたりするものだが、どこか人ごとだった」と明かす。

 結果、川口だけが低視聴率の責任を背負うことに…。「彼女の所属事務所は内心『ホリプロめ〜』と煮えくり返っているでしょうね」(同)

 一方で共演者は川口に「連帯責任だから気にすることはない」と声を掛け、将来、川口主演で大ヒットドラマが誕生するまでバックアップすることを誓ったという。
続きを読む

 女優・川口春奈(18)主演のTBS系ドラマ「夫のカノジョ」(木曜、後9・00)の第5話が21日に放送される。この日、同ドラマが12月12日放送の第8話で終了することが判明。川口のブログではこの日の放送を前に、マネージャーがドラマをPRし、ファンからは「ドラマ楽しみ」などと応援のメッセージが寄せられている。

【写真】小林麻耶アナ、打ち切りに大ショック…鳴り物入りでスタートもわずか1年

 14日の第4話の視聴率は同作最低の3・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。インターネットなどでは、ドラマの低視聴率が話題になり、川口は15日のブログに「また下がっちゃって…なにかとニュースにされてるけどわたしは大丈夫です 視聴率、視聴率、、今はすべてが数字で判断される時代なのかな?悲しいな…思うことはたくさんあるけど楽しくやってまーす」とけなげに書き込んでいた。

 その後、川口自身がブログに書き込むことはなく、マネージャーが近況などを報告。21日のブログでは、「『夫のカノジョ』5話の放送です!今夜の放送では、母の娘に対する愛情をテーマに展開していきます!春奈、18歳ですが、、(笑)一人の母親の感情を表現するために、奮闘してます!春奈も母を演じることで、『夫のカノジョ』のように、自然と相手の気持ち、わかっているような気がします。観てくださいね!」などとPRした。

 ファンからは、「ドラマ楽しみです」「夫のカノジョ面白いです!子供達が傷つかない展開が良いです(笑)春奈さんはよく知らなかったけどこれから注目して応援しようと思います!健康的でとても魅力的です!元気をありがとう」などと応援するメッセージが届いている。

 「夫のカノジョ」が8話で終了することについて、TBS側は「当初の予定通り」と説明している。
続きを読む

このページのトップヘ