過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

タグ:モーニング娘。

 「モーニング娘。」が来年1月1日から、グループ名を「モーニング娘。’14」と変更することが分かった。6日、同グループの公式サイトで、プロデューサーのつんく♂(45)が発表した。読み方は「もーにんぐむすめ わんふぉー」となる。

 つんく♂は変更の理由について「この先も10年20年30年とグループを存続させて行く為にも『○○○○と言う曲名のシングルっていつ頃の歌だっけ!?』や『○○さんって、いつ時代のモーニング娘。だった?』などという素朴な疑問が即座にわかっていただければと思い『年』を表記することにしました」と説明。グループ名は1年ごとに変わり、来年2014年は「モーニング娘。’14」、15年は「モーニング娘。’15(もーにんぐむすめ わんふぁいぶ)」となる予定だという。

 しかし、「いざ、進めてみてかえってややこしくなるようでしたら、返上させて頂くかもしれませんが、(笑)」と今後の反応を見て柔軟に対応していくことも明言。「何はともあれ、年始元旦より『モーニング娘。’14』となる彼女達の応援の程、どうぞよろしくお願いいたします!」としている。

 「モーニング娘。’14」では初となるシングルは1月29日に発売。同グループは今年、11年ぶりにシングル3作連続首位を記録するなど“再ブレーク”を果たして話題となった。来年2月に開幕するソチ冬季五輪の日本選手団の応援歌を歌うことも決まっている。
続きを読む

 第64回紅白歌合戦の出場者が2013年11月25日に発表された。「アイドル戦国時代」と呼ばれる現代を表すように、白組、紅組ともにアイドルグループの出場が目立つ。

 そんな中、モーニング娘。をはじめとするハロー!プロジェクト(ハロプロ)のアイドルは出場ならなかった。13年は特に「モー娘。人気再燃」などと盛り上がっていたこともあり、ファンは落胆し、他のアイドルに怒りをぶつけるような人もいる。

■「一枠ハロプロに譲って」「国民にケンカ売ってんの?」

 13年の紅白歌合戦は、白組は嵐、関ジャニ∞、SMAP、Sexy Zone、TOKIOとジャニーズから5グループ、EXILE、三代目 J Soul BrothersとLDHから2グループ。紅組はE-girls、AAA、Perfume、ももいろクローバーZと、48系列からAKB48、SKE48、初出場のNMB48が出場する。アイドルグループは全51組中14組と、かなり高い割合だ。

 しかし、アイドルが名を連ねる出場歌手発表の中に、ハロプロ勢の名前はなかった。

 発表後、ネット上では落胆するファンが続出。「落選、、、そんな、、、」「まじおわった」「残念だなー、いつも頑張ってるメンバーの姿を見てるから辛い」などと書き込まれた。

 48系から3グループということに腹を立てたハロプロファンも多いようで、「正直一枠ハロプロに譲ってほしかった」「3つも出るとか国民にケンカ売ってんの?」「秋元組出しすぎ 共感する人はNHKにクレーム入れようぜ!」など、憤りの書き込みも目立つ。
続きを読む

このページのトップヘ