過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

タグ:フジテレビ

「夜ならいいとも!!」――。今年で放送31年となった「笑っていいとも!」が、来年3月に終わり“フジテレビの昼の顔”を卒業するタモリ(68)。4月以降の去就が注目されるが、ここへきてフジの上層部がアッと驚くプランを打ち出した。それは、タモリに「夜の帯番組を持たせること」だ。関係者によると、このプランはほぼ内定しているという。“夜の顔”に戻るタモリの気になる役割は、バラエティー番組の司会が有力だ。

「今、上層部が詰めているのは『午後11時からの30分枠を月〜金の帯にして、タモリさんに司会をやってもらう』というものなんです」と証言するのはテレビ関係者だ。

 タモリについては「いいとも」終了後に「新番組を始めることでフジと密約を交わしていた」と言われている。その新番組の候補には、かつてタモリが品評会会長を務め人気を誇った「トリビアの泉」を復活させるのでは? との情報も上がっていた。

 フジテレビ関係者は「もちろんあの『トリビア』の復活という可能性もあるが、タモリさんのこれまでの貢献度を考えると『週1回のレギュラー番組だけでは失礼』との声もある。実際のところ、月〜金曜の帯番組と週1のレギュラー1本ではギャラも雲泥の差だし…」と指摘した。

 確かにその通りだろうが、最近の「いいとも」の視聴率が低迷していたのも事実。そのため大物司会者・タモリのギャラが高すぎることから「リストラ策としてフジがタモリを切った」などという噂もあった。しかし、フジの亀山千広社長(57)は、11月29日の定例会見で“リストラ説”を否定。「番組を終わらせる」と通達したのではなく、タモリサイドと「どういう形がいいか話し合った結果」と説明した。

 つまり、深夜に近い時間帯の番組ならば、視聴率がいいの悪いのと騒がれることもないだろう。30分番組ならギャラの面でも互いに歩み寄れるのでは、と考えたのかもしれない。

 新番組が、月〜金曜の帯番組で、深夜帯というのはフジにとってもタモリにとっても受け入れやすい形だったのだ。

 もっかフジでの帯番組の時間帯は「いいとも」と朝のワイドショー、夕方のニュース、さらに午後11時以降あたり。

「さすがにタモリさんのキャラクターを考えると朝はない。夕方のニュースもバラエティー色が強くなるので、やらないでしょう」(前同)

 そこで出てきたのが午後11時の枠だ。この時間帯は現在、月〜金曜のそれぞれの曜日で別の番組を放送している。

「有吉弘行やマツコ・デラックスが司会を務めているが、『タモリさんが帯で司会をやる』と言えば譲らざるを得ない。それくらいタモリさんのフジへの貢献度は高いですから。それにこの時間帯はバラエティーの枠だからタモリさんがやるにはちょうどいい」(前同)

 もう一つの可能性は11時30分放送の「ニュースJAPAN&すぽると!」のレギュラーコメンテーターだ。「長年ライバル視されたビートたけしさんがTBSの『情報7days ニュースキャスター』でコメンテーターをやっているが、そういう立場なら月〜金で出ることも可能でしょう」

 定例会見で亀山社長は「いいとも」の番組開始時について触れ、「昼の時間帯で夜の芸人であるタモリさんを起用したのがすべて」と話した。「タモリさんのことをわざわざ『夜の芸人』と言ったのは、昼の顔から本来の“夜の顔”に戻すことを強調したかったのではないか」(芸能プロ関係者)

 いずれにしても「いいとも」終了でタモリが“お役御免”となることはなく、それどころか“夜の顔”として復活することになりそうだ。
続きを読む

 俳優の松平健さんが、11日に放送される俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「リーガルハイ」(フジテレビ系)第9話に再びゲストとして出演することが4日、分かった。演じるのは、第1話で登場した小雪さん演じる安藤貴和の裁判を担当する主任検事の醍醐実役。松平さんは「1話で初めて堺さんと芝居をしたときは、テンポの速さにとても驚きましたが、とても楽しい撮影でした。今回の9話でもやりあえるので、今から楽しみにしています」と意気込みを語っている。

【写真特集】周囲に冷気を発するベテランの実力検事役の松平健さん
続きを読む

■昨年は過去10年最低視聴率

 元恋人同士の華原朋美(39)と小室哲哉(54)が“再合体”――。来月4日生放送する「FNS歌謡祭」(フジテレビ)で破局から15年ぶりに共演するという。
 このコンビの復活は1年前、華原が同番組で芸能界復帰した時から取り沙汰されてきた。それだけによ〜く練られたプランなのは確かである。さるテレビ関係者の話。

「明治天皇の玄孫(やしやご)との恋仲が取り沙汰されている華原と、療養中の妻・KEIKOを献身的に支える小室。お互いに過去のイザコザを吹っ切って、リスタートしているのが最大のポイント。今回の共演はプラスにはなっても、マイナスに働く要素は見当たらない。絶好のタイミングですね」

 新曲を出せばミリオンセラーを連発し、90年代の音楽界を牽引してきた華原と小室。しかし、今回の復活劇には2人を取り巻く周囲の思惑や“大人の事情”が透けて見える。

 華原でいえば、所属事務所の懐事情。
「看板女優の仲間由紀恵、高橋みなみや小嶋陽菜といったAKB48の中枢メンバーを抱えていますが、次なる柱が欲しかったところ。華原の再ブレークは拾い物」(芸能プロ関係者)

 一方の小室はアニメやラッパー、浜崎あゆみに楽曲を提供するも、ちっとも話題にならず。先月、自身のツイッターで「僕の奏でる音で、一緒に作品を創りたい女の子」と女性シンガーの卵を募集したが、これまた反響はほとんどなし。昨年、同歌謡祭の視聴率がこの10年で最低を記録したフジも、大きな目玉となる起爆剤が欲しいところだった。

 音楽ジャーナリストの渡邉裕二氏は、こう分析する。

「振り返れば、ヒット曲のない一年。盛り上がりに欠ける音楽業界でサプライズには持ってこいだし、『MUSIC FAIR』や『僕らの音楽』『新堂本兄弟』といった歌手のコラボを得意とするフジならではの企画でもある。華原と小室にとっても、話題を呼べば新たにベストアルバムやコンサートの話が出てもおかしくないでしょう」

 NHK紅白の復帰話も飛び込めば、ますます追い風。それぞれ思惑は別の「同床異夢」。さてソロバン通りの銭勘定となるか――。
続きを読む

 元フジテレビのアナウンサーから弁護士に転身した菊間千乃(きくま・ゆきの)さんが23日、タレント・ヒロミのブログに登場している。

【写真】高島彩のウエディングドレス、一瞬見えた〜!

 ヒロミは、菊間アナ改め、菊間弁護士とゴルフを回ったようで、「何年ぶりかな」のタイトルでブログを更新。「今日は俺の友達の中で唯一の弁護士 菊間とゴルフ」「アナウンサーから弁護士へ 忙しいけど充実してるって。すげ〜」と書き込んだ。

 菊間さんとヒロミのツーショット写真も掲載されており、菊間さんはフジテレビ時代と変わらぬ人なつっこい笑顔を見せている。

 菊間アナは1972年生まれ。早稲田大学法学部卒業後の95年にフジテレビに入社。明るいキャラクターで看板アナウンサーとなった。98年9月、緊急脱出用の装備をつけてマンション5階から飛び降りたところ、マットに叩きつけられ、全治3か月の重傷を負うアクシデントに見舞われた。

 在職中に弁護士を目指そうと大宮法科大学院(夜間)に通い出したが、仕事との両立はきつく、ストレスと疲労から声が出なくなって、2007年12月に退社。フジでは「めざましテレビ」「発掘!あるある大事典」など担当した。

 10年に司法試験に合格。11年に松尾綜合法律事務所(第二東京弁護士会所属)に入所し、弁護士として活躍している。
続きを読む

 元恋人の歌手・華原朋美と、12月4日にフジテレビ系で生放送される音楽番組「FNS歌謡祭」のステージで15年ぶりに共演することが明らかになった音楽プロデューサー・小室哲哉が24日、自身のツイッターで、ファンからの理解ある声援に感謝した。

【写真】数億円の慰謝料を請求した小室の前妻がKABA.ちゃんブログに登場

 小室は「スポーツ紙の記事で華原朋美さんとの共演を知りました。番組側からのオファーのようですが、マスコミに面白おかしく書かれる事も覚悟した上での共演に音楽とKEIKOさんへの愛情を感じました。応援しています」というフォロワーからのツイートに対し、「有難う。理解に感謝します。」と“返信”した。

 「FNS」は昨年12月、華原が歌手復帰した舞台。今年は、番組からの共演オファーがあり、小室が作詞作曲し、1996年に発表した華原の代表曲「I’m proud」を小室のピアノ演奏で歌うという。

 小室は95年から華原をプロデュース。公私ともにパートナーとして華原をスターへと育てあげた。しかし、98年に破局。華原は心身のバランスを崩し、自殺未遂騒動を起こすなど、休養と復帰を繰り返し、2007年6月に所属事務所を解雇された。

 小室は02年11月にKEIKOと結婚。KEIKOは11年10月にくも膜下出血で倒れ、リハビリ生活を送っている。

 なお「FNS」は毎回、アーティスト同士のコラボ(共演)が話題となっており、2010年12月の「FNS歌謡祭」では、TOKIOとコラボするはずだった玉置浩二が姿を見せずにドタキャンし、長瀬智也が「玉置さん、まだ間に合います!ただ今、ハプニングが起きています…」などとテレビを通じて呼びかける騒動もあった。
続きを読む

 メンタリストのDaiGo(27)が21日、都内にある団体「表参道メンタリストアカデミー」と無関係である旨の声明を出した。

【写真】ダルビッシュの弟を傷害で逮捕…知人少年殴るなどしケガ負わす

 所属する「メンタリズム研究会スリーコール」代表の村山淳氏名義でマスコミ各社にファクスを送付。11月9日にフジテレビで放送された「ぶらぶらサタデー」で、同アカデミーがあたかもDaiGoと関係があるかのように放送されたといい、団体のホームページにも同様の内容の記述があるという。

 村山氏は21日、デイリースポーツの取材に対し、放送後にDaiGo本人から指摘を受け、調査した上で、同アカデミーに抗議の連絡を入れたことを明かした。また、現在、弁護士を通じて「違法行為の中止」と「ウェブサイトにおける訂正・謝罪広告の掲載」を申し入れており、場合によっては名誉毀損(きそん)などで提訴する意向も示した。
続きを読む

このページのトップヘ