過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

タグ:ダウンタウン

 お笑いコンビ・ダウンタウンらが4日、都内で行われた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大みそか年越しスペシャル』(後6:30〜 日本テレビ系)記者会見に登壇した。過酷ロケを終えた松本人志は「(叩かれてすぎて)お尻が終わる音がした」と回顧。あまりのつらさから「何とかヒット曲をメンバーで作って、(来年は)紅白に出たい。そしたらやらないで済む」と嘆き、浜田雅功も「来年は渋谷(NHK)がええ!」と同調した。

【会見の模様】ダウンタウン・ココリコ・月亭方正が笑いを誘う

 さらに、松本は同企画の後任を聞かれ、「嵐が代わりにこれをやったらええ!」と今年の紅白の司会者を指名し、「松本潤アウトって」と大笑いしながら勝手にイメージを膨らませていた。

 毎回叩かれる回数がトップになってしまうことには、「浜田の顔面に笑ってしまう」と相方が原因とし、「この番組の7割はこいつの顔面でできている」と参っていた。一方の浜田は「ここのスタッフは人の顔で遊ぶからイラッときている!」と不満を漏らしていた。

 8年目に突入した恒例の“絶対に笑ってはいけないシリーズ”。今回は『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!』と題し、ダウンタウンのほか、レギュラーメンバーの月亭方正、ココリコの5人が地球の平和を守る正義のヒーロー“地球防衛軍”の新人隊員として、数々の抱腹絶倒の試練に挑む。
続きを読む

 大物お笑いコンビ「ダウンタウン」と「とんねるず」の“対決”が注目されている。

 ダウンタウンは今秋から、2つの新番組をスタートさせた。フジテレビ系「教訓のススメ」とTBS系「100秒博士アカデミー」だが、いずれも視聴率は1桁台と苦戦中。

「前者は『爆笑 大日本アカン警察』、後者は『リンカーン』の後継番組で、視聴率が悪いからリニューアルしたんだけど結果は悲惨。『どちらも失敗だった』と言われても仕方ない数字ですね」(芸能プロ関係者)

 一方とんねるずは、フジ系で「とんねるずのみなさんのおかげでした」を1996年からやっているが、こちらも最近は視聴率が低迷している。

「『食わず嫌い王決定戦』など人気コーナーがあり一時は20%を超えていたけど、最近は1桁台ばかりです」(前同)

 そんな低視聴率でも、フジやTBSは両者を“切る”決断がなかなかできない。

「かつて高視聴率を取った“功労者”だから、なかなか降板させられない。もっともそういう決断ができない局だから、今はテレビ朝日や日本テレビの後塵を拝しているとも言える」(テレビ関係者)

 とはいえ、このまま視聴率1桁台が続くようなら、局側もどこかで決断せざるを得ない。

「それが来年3月の改編になるとみられている。ダウンタウンかとんねるずのどちらかか、もしくは両方とも打ち切りになっても全く不思議じゃない」と同関係者。

 ダウンタウンととんねるずは過去、一度も共演したことがなく“不仲説”が流れたこともある。双方とも「多くの冠番組を持つ人気お笑いコンビ」ということで、昔からよく比較もされてきた。そんな大物同士の“対決”なら、本来は「お笑い界のトップを決める大一番」となるはずが、今では「どっちの番組が先に終わるか」という争いに…とは切ない限りだ。
続きを読む

このページのトップヘ