「別に……」の頃の鼻っ柱の強さを隠したら、別にどうでもいい女優になってしまった。文化庁芸術祭参加作品「時計屋の娘」で主演した沢尻エリカ(27)。自ら「久しぶりのいい子キャラ」と話していたように、東日本大震災で母を亡くしながら、けなげに頑張る娘を演じた。これがどうにもハマらなかったのだ。

 視聴率は12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と及第点。父親であることを期待される時計職人役の國村隼(58)も、いい味を出していた。ただ、主演の沢尻は低調だったのである。

「視聴者は6年前の“別に”の騒動で彼女の本性を知りました。最近はバラエティー番組で、“あの頃は幼かった”などと釈明していますが、みんな“悪のエリカ”を知っています。いまさら、本当は気さくで明るいんだとアピールされても、シラけるばかり。病気と闘う純粋な女子高生を演じたフジテレビのドラマ『1リットルの涙』(05年)では輝きを放ちました。でも、当時とは違う。どうしても生意気な映像がフラッシュバックしてきて、見る側が“いい子役の沢尻”に感情移入ができなくなっているのです」(コラムニストの桧山珠美氏)

 本人のオーラも薄れてきた。

「ドラマでは、母親の若い頃を演じた木村文乃の方が断然光っていました。デビュー当時は本当にキレイで、宮沢りえを彷彿(ほうふつ)とさせたものです。それが今や、口元はオアシズの大久保みたいにほうれい線が目立ち、目の下のクマも気になる。開き直って地を出していくか、それともまた騒ぎを起こしてワイドショーにネタを提供するか……。普通に女優をやっていても、復活は難しい。トゲがなくなれば華も消えてしまいます」(桧山氏)

 ワガママでブーたれて何をしでかすか分からないのがいいのだ。
続きを読む