過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

タグ:ごちそうさん

 NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」が、視聴率も初の23%突破と絶好調。ヒロインめ以子(杏=27)をいびり倒す小姑(キムラ緑子=52)に注目が集まる一方で、「かわいすぎる妹」と人気急上昇中なのが、め以子の夫の妹を演じる高畑充希だ。

 番組ホームページによると、「西門家の末娘。気弱で不器用。家事は何をやってもうまくできない」という役どころ。

 ドラマでは16歳という設定だが、高畑の実年齢は21歳だ。大阪府東大阪市出身で、小学校から中学校まで十数回のオーディションを受け、すべて落ちたが、05年にホリプロが創業45年を記念して主催したミュージカルのオーディションで、見事に主役の座を獲得した。コブクロの小渕健太郎プロデュースで、歌手としても活動している。

■不器用さが新鮮

「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」の著者でライターの田幸和歌子氏がこう言う。
「いま朝ドラで人気があるのは、<お嫁さんにしたい>じゃなくて<お孫ちゃんにしたい>若い女優さんです。充希ちゃんは癖がない和風の顔で、年齢より幼いルックスがイマドキじゃなくてかわいらしい。業界の手あかがついていない新鮮な印象が、高齢の視聴者にもウケるんでしょう。兄の悠太郎(東出昌大=25)と雰囲気が酷似しているところも、相乗効果になっていると思います。棒読み演技の東出さんと、感情をあまり出さない充希ちゃん。どちらも会話は下手だけど、目で一生懸命伝えている感じがあります。その不器用さ、まっすぐさに、視聴者も母性本能をくすぐられるのだと思いますね」

 ごちそうさん絶好調の“陰の立役者”が高畑ということらしい。
続きを読む

6週連続で平均視聴率20%を超え、これまでの最高視聴率は27.0%を記録するなど、前作「あまちゃん」を上回る勢いを見せているNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」。大阪編に移ってからは、杏扮するめ以子の義姉・和枝(キムラ緑子)から受けているいびりが話題だが、その人気を支える、もうひとつの理由には、め以子の夫、西門悠太郎役の東出昌大の活躍にある。堂々とした雰囲気で昔の日本男児を彷彿とさせ、回を追うごとにだんだんと“味わい”が出てきているのだ。

【写真を見る】気の抜けた表情は、あの人に似てるかも!?

そんな東出だが、知名度が上がったことによって近頃では、“有名人の○○に似ている”ともっぱらのウワサ。そんななかでも特筆したいのが、あの実力派女優、満島ひかりの弟、満島真之介だ。彼は12年放送のNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」や、現在は『風俗行ったら人生変わったwww』(公開中)、ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)にも出演するなど、人気急上昇中の若手俳優。実はこの2人、偶然にも所属事務所が同じ。小顔で黒髪、彫りが深い顔立ち…と、雰囲気は確かにどことなく似ている。さらに、東出は嵐の松本潤、瑛太、妻夫木聡にも…との声もあるようだ。

今後、東出は「ごちそうさん」以外にも出演作が多数待機中。『すべては君に逢えたから』(公開中)では、恋人と遠距離恋愛中の建設会社社員に、2014年春公開の安藤桃子監督作『0.5ミリ』では、カラオケ店員を演じているほか、『クローズEXPLODE』(2014年公開)も控えている。

トップモデルから俳優に転身し、見事に成功しつつある東出。“○○と似ている”という美しい顔立ちを活かしつつ、これからも多くの支持を集めていくことは確か。今後、俳優として更なる輝きを放つことを期待したい!【トライワークス】
続きを読む

このページのトップヘ