アイドルグループ・NMB48のチームNが19日、大阪市のNMB48劇場で、グループ初となるオリジナル公演「ここにだって天使はいる」の初日公演を行った。

【写真】秋元氏も怒った!乃木坂46の大胆ダンス

 昨年5月に開始予定だったが、度重なる延期で、ようやく実現した公演。キャプテンの山本彩(20)は冒頭、「本当に本当にお待たせしてしまったんですけど、応援して下さる皆さんのおかげで、こうして今日、初日を迎えることができました」とあいさつした。

 今年8月、AKB48の東京ドーム公演で発表された、AKBグループ各チームの新公演の中で、最初に初日を迎えた公演。客席にはファンに混じって、AKB48総合プロデューサーの秋元康氏(55)と、総監督の高橋みなみ(22)の姿もあった。それでもリラックスしたメンバー16人は、MCで2人を“イジる”など、天真爛漫なステージを展開した。

 書き下ろしの表題曲「ここにだって天使はいる」など17曲を熱唱。ユニット曲では、山本がグループ初の試みとなる、エレキギターを演奏しながらのソロ曲を披露、渡辺美優紀はステージで衣装の“生脱ぎ”を見せるなど、演出も多彩。紅白歌合戦出場も決めた勢いそのままに、満員のファンを沸かせた。

 終演後には、ファンが退出しようとする秋元氏に「やすし〜!新公演ありがとう!」と呼びかけるシーンもあった。
続きを読む