過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

タグ:きゃべっしー

 千葉・船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーが3日、東京・キデイランド原宿店で「FUNASSYI METAL ROCK」シリーズ発売記念ハイタッチ会を開催。報道陣の取材に応じたふなっしーは、先日、千葉県銚子市がPRの一環で「生き別れた妹でキャベツの妖精」というキャラクター・きゃべっしーを披露し話題となったことに、「なにそれ?」と寝耳に水。生き別れた妹ではとの声に、「そんなのいないなっしー。何をたわごと言っているなっしー」と小刻みに身体を震わせた。

 この日、約550人のファンと交流したふなっしーは、「よろこんでくれて泣き出す子もいて、目から梨汁が…。頑張るなっしー!」と感激。小さな子供も参加していたが、「ビビって逃げたなっしー。もうちょっと懐いてくれたら。顔の一部をあげたらいいのかな…」と差し出す素振りをみせ笑いを誘った。

 同所では、壁側の売り場スペース4面にふなっしーグッズがずらりと並べられており、1つのキャラクターを4面展開するのは同店史上初だという。それを聞いたふなっしーは「うれしいなっしー!!」と上下に大きく揺らし、「ふなっしーランドなっしー!」と喜んだ。
続きを読む

 千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーの着ボイス「お・も・て・なっしー」が、着うた配信サイトdwango.jpの「2013年年間ボイスランキング」の1位を獲得した。

来年の抱負について語るふなっしー

 フリーアナウンサーの滝川クリステルが東京五輪招致へ向けたIOC総会のプレゼンテーションでPRし、今年の流行語大賞のひとつに選ばれた「お・も・て・な・し」。それをふなっしー流にアレンジして今年9月に配信スタートした着ボイス「お・も・て・なっしー」は、テレビCM動画が7日間で再生数100万回を突破するなど大反響を呼び、今年のボイスランキングでも堂々の1位に輝いた。

 「2013 ユーキャン新語・流行語大賞」には惜しくも選ばれなかったふなっしーだが、同ボイスランキングでは、1位「お・も・て・なっしー」のほかにも、4位「お・も・て・梨汁ブシャーー!」、5位「倍返しなっしー!」など、トップ10内に6つのふなっしーボイスがランクインしており、2013年のふなっしーの活躍がうかがえる結果となった。

 そんなふなっしーだが、ハイテンションなダンスや絶叫が持ち味だけに、ブレイク後の引っ張りだこ状態にはさすがに少々お疲れの様子。2014年の抱負については、「ゆっくり休む。ちょっと働き過ぎだなっしなー……ちょっと休み増やして行こうかなと思ってるなっしー」とコメントしている。
続きを読む

このページのトップヘ