お笑いタレント・おさる(旧芸名・モンキッキー)が27日、東京新聞が主催する書道コンクールの「第35回東京書作展」で部門特別賞を受賞したことをブログで報告。“恐妻”として知られるタレントの妻・山川恵里佳に向け、「将来、この『書』で家族が笑えるようにしますから…離婚しないでね…」と呼びかけた。

受賞したおさるの作品

 おさるは2007年2月に山川と結婚。2人の子どもを持つ夫婦だが、これまで離婚の危機が度々ささやかれている。というのも、おさるは現在レギュラー番組がゼロ。かといって仕事に奮起するわけでもなく、筋トレやサーフィン、書道などの趣味に没頭しており、山川は怒り心頭だとか。近年はバラエティ番組に夫婦揃って出演する機会が増え、ダメ夫と恐妻ぶりを見せつけている。

 7月15日に放送された「私の何がイケないの?」(TBS系)では、書道タレントで再ブレイクを狙っていると打ち明けていたおさる。日々の練習の成果が表れたのだろうか、第35回東京書作展で部門特別賞を受賞したという。おさるいわく、なんと全国3011作品中14位タイ。しかし、慢心はせず「まだま確実にこれからです!!」と謙虚に語る。「先生について、もっともっと勉強します。精進します」と意気込みを示し、妻・山川に「将来、この『書』で家族が笑えるようにしますから…離婚しないでね…」「by ダメ夫じゃないよね、おさる」と訴えた。

 山川はおさるの受賞をどのように受け取っているのか……。とにかく、おさるが書道タレントへの道をゆっくりながらも着実に進んでいることは確かなようだ。
続きを読む