過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

カテゴリ: 芸能人のすっぴん

 女優の沢尻エリカ(27)が、11月27日発売の女性誌「アンアン」最新号に登場、表紙と巻頭グラビアで“スッピン姿”を披露している。

 巻頭グラビアの衣装は白のタンクトップと白シャツのみ。胸の谷間や太モモもあらわなセクシーショットだが、表情は穏やか。1年半ぶりの主演ドラマ「時計屋の娘」(11月18日放送)で女優復帰して以来の「いい子キャラ」は、どうやら継続中のようだ。

 同誌では、<沢尻エリカさんの“スッピン”力>と題したインタビューも掲載。その中で沢尻は、普段のメークや肌のケアについて語るとともに、プライベートについても触れている。

 恋多き女として知られる沢尻だが、<今は母と一緒に住んでいるので>と、フランス人の母親と一緒に住んでいることを明らかにした。どうやら、噂されるレゲエファッションブランドデザイナーとの同棲はないようだ。

 また、気になる高城剛氏(49・ハイパーメディアクリエイター)との離婚協議の行方についても言及はなし。インタビュアーに<−−なんだか、今すごく毎日が幸せなのが伝わってきます>と問われると、<ここ5年くらい色々ありましたからね(笑)>と、意味深に語るにとどめている。
続きを読む

 10月30日に第1子女児を出産したモデルの西山茉希(28)が、28日発売のファッション誌「Numero TOKYO」1・2月合併号のBEAUTYページで、出産2週間前の臨月ショットを披露していることがわかった。また、出産2日前に行われたインタビューでは、自身の半生を振り返るとともに、夫で大衆演劇俳優の早乙女太一(22)とのなれそめや週刊誌にも掲載された恋人時代の大ゲンカの真相も明かしている。

妊娠7か月でもこんなにスリム!西山茉希フォトギャラリー

 妊婦姿を写真におさめることは西山の強い希望でもあったということから実現した今回の臨月ショットのお披露目。計6枚の写真には女性として美しく輝く西山の姿がとらえられている。モデルとして第一線で活躍してきた西山は、意外にも10代のころから家庭を持つことが夢だったという。順調な仕事の一方で将来の目標が定まらずに自分を見つめ直そうとした節目の25、26歳のころに、西山が「運命的」だという早乙女と出会った。

 共通の知り合いを通して出会った西山と早乙女は、知り合って1か月ほどで一緒に生活を始める。結婚が前提の付き合いだったといい、「昔のお見合い結婚みたいな感じだったのかも」と出会ってすぐに結婚を意識した早乙女との関係を例えた西山。周囲の反応は、6歳年下という年齢だけで「ありえないんですけど?」「19?」のような冷めたものだったというが、西山にとっては、考え方や抱えている思いに共通点を見出せる「似た者同士」で、自然と深く向き合える相手だったという。

 週刊誌にも掲載された大ゲンカについては、「結婚を決める前にやっておくようなことでしょ?」とさっぱりしており、「離れた時期がちょっとあったのは事実」と一度は破局したことも認めたが、結果的には1〜2週間で復縁。そんなときに先日誕生した長女を授かった。西山は当時を振り返り「一緒に暮らし始めたころから家族を望んでいたし、新しい命が『これでわかったでしょ?』って教えてくれた気がしたの」と語っている。

 出会ってちょうど2年目の今年6月に入籍した二人だが、家族が増えることで早乙女は「人が変わったみたいにすごくオープンになってきた」と西山。「その変化にわたしが戸惑うくらい、すごく生き生きしている」と笑う。第2子にも意欲的で、「家族の時間をいっぱい作れる家庭を作りたいねっていう話はしている」と二人の家庭像を明かした。同誌には西山が撮影したプライベート写真も「デジカメ日記」として掲載されている。(編集部・小松芙未)

「Numero TOKYO」1・2月合併号は11月28日発売
続きを読む

 V6井ノ原快彦の妻で女優の瀬戸朝香が、22日午後5時11分、第2子となる女児を出産した。所属事務所を通じて24日、井ノ原との連名ファクスで発表した。母子ともに健康という。

【写真】SHIHO娘の脚の長さに驚きの声!夫・秋山成勲「いやいや俺似やろ」

 井ノ原と瀬戸は直筆署名入りの連名ファクスで「妻に似てくれることを祈りつつ、感謝の気持ちを忘れずに、家族4人で楽しく暮らしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします」と喜びのコメントを発表した。

 2人は07年9月に結婚。ジャニーズ初のツーショットでの結婚会見が話題となった。08年5月に都内で挙式し、10年3月に第1子となる長男が誕生。瀬戸は今年7月、第2子妊娠と妊娠5カ月を発表していた。

 なお、出産前日、21日付けの瀬戸のブログでは、「ランチでとある中華屋さんに行って来ました」と記述。出産間近であることを知っていた店の人から、サプライズで「元気な赤ちゃんと出会えますように!」と書かれたデザートが出てきたことを明かし、「感激して、泣きそうでした。嬉しすぎる〜 元気な赤ちゃん産まないとね」とつづっていた。
続きを読む

このページのトップヘ