過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

カテゴリ: スキャンダル

 女優の酒井法子(42)が来年3月上演予定の舞台「手をつないでかえろうよ」を降板したことが分かった。脚本・演出を務める俳優の今井雅之(52)が6日、自身のブログで発表した。

さんま、酒井法子に「再婚できるね」

 先月23日、同作の再演決定を報告。女性のメーンキャストには、酒井とさとう珠緒(40)が出演予定としていた。

 今井は「先日、酒井法子さんの事務所が酒井さんの降板を申し出てきました。事務所の社長様と話し合いをさせて頂きまして…。まぁーいわゆるドタキャンの理由を聞いたのですが、明確な理由はいただけず、社長いわく『出演承諾はしていない』との一点張りで、こちらとしては7月に快い出演承諾をしていただいたにもかかわらず、私の目を見ず、その言葉を繰り返すばかりでした」と経緯を説明。

 今井は昨年12月、酒井の芸能界復帰作となった舞台「碧空の狂詩曲〜お市の方外伝〜」で共演。千秋楽の際に「ぜひ使ってみたい。実はもうオファーしているんだ」と話していた。

 「自分は、彼女のコンプライアンスの問題でスポンサーの半分以上は拒否され、劇場も貸していただけない状況の中で、私は彼女との出演の約束を果たすべく相当の根回しと努力をしたのですが、理解してもらえませんでした。非常に残念です」と心境を吐露。「私は今でも酒井法子さんのことを信じております」と続け「酒井法子さんのファンの皆様、私の力が足りず、女優・酒井法子の舞台の姿を見せられず、本当にすみませんでした! 」と謝った。

 ただ製作面の問題はなく、次の出演者の候補も決まっているという。「私のファンの皆様、ご安心ください!自分はこんな事でへこたれるタイプの人間ではないので、ますますパワーアップし、笑顔で前に進んでおります!」と結んでいる。
続きを読む

 素行不良を理由にジャニーズ事務所をクビになった元KAT―TUNの田中聖(28)。女性関係の派手さも解雇の一因となったが、女性アイドルを抱える芸能事務所が、田中の“実名暴露”にビクビクしているという。

「ジャニーズ解雇後、田中に(写真週刊誌の)フライデーが直撃取材をした時、田中が『絶対に実名を出さないこと』を条件にこれまでヤッた女をペラペラしゃべったそうなんですよ。その中には現在活躍しているアイドルや女優も含まれていたとか…。もしこれらの実名が明らかになれば、とんでもないことになってしまうでしょうね」(ある芸能プロ関係者)

 いったい田中が明かしたのは誰か? 多くのアイドルを抱える某芸能事務所マネジャーに聞くと「ヤッた女をしゃべったことは知っています」と苦々しく語ったが、現時点で田中が明かした実名までは知らない様子だ。

「ウチに所属している子の実名が暴露されたら…。他の事務所マネジャーともそういう話になり、『大丈夫か?』と不安になっている」という。

 前出の芸能プロ関係者は「人気アイドルグループに所属していたXの名前が出たみたい。表に出ることがあればファンは大騒ぎになるでしょうね」と語る。ジャニーズを辞めた後、ツイッターを始め、話題には事欠かない田中。ある芸能関係者は「芸能活動を続けたいという意向は持っているようですが、ある大手事務所に話を持っていったところ『まだ早い』と一蹴されたなんて話も聞きましたね」。

 どこか事務所に収まっていればその口も封じることができるだろうが、野放しならば、いつ口を割るかという危険には変わりはない。本紙は以前、解雇したジャニーズ事務所が田中の暴露本を恐れていると報じたが、女癖の悪さは今も他の芸能事務所を怯えさせているようだ。
続きを読む

 テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏(年齢非公表)が2013年度「東スポ流行語大賞」を独断で決定!!“本家”の「2013年『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」は今年で30回目を迎え、2日に都内ホテルで表彰式を開催。史上最多となる4語が選出された。ところがデーブは4語には目もくれず「今年はあの言葉しかないよネ」と芸能界を騒がせた“肉食女”に軍配を上げた――。

 本家「流行語大賞」で年間大賞に選出されたのは「今でしょ!」「じぇじぇじぇ」「倍返し」「お・も・て・な・し」の4語。関係者によれば「今年は特に流行語が多く、ふさわしい言葉を選んだら4語になった」と“豊作”の年だったと明かした。表彰式で滝川クリステル(36)が最近封印していた「お・も・て・な・し」を生披露すると、会場は盛り上がった。

 一方、デーブ氏が「やっぱり東スポといえば、彼女しかいないでしょ」と“金メダル”に選出したのは、間男との肉食不倫離婚騒動を起こしたタレント・矢口真里(30)の名を挙げ、その矢口を皮肉った「矢口る(やぐる)」をグランプリに選出した。この「やぐる」は「浮気現場を彼氏に見つかる」という意味で、渋谷のギャルたちが発信源といわれている。

「彼女の騒動はインパクトあったよネ。芸能界が騒然としたからね。元モー娘のあの子が、あんなにエッチが好きだとは思わなかったヨ(笑い)。ボクも東スポの街頭“淫”タビューをよく読んでるけど、あそこに出てきてもおかしくない話だった」とデーブ氏は選出理由を述べた。

 今すぐにでも矢口に金メダルを届けたいところだが、当の本人は芸能活動を無期限休止中で復帰のメドは立っていない。

 これにデーブ氏は「今回の騒動は不倫そのものより、その後、沈黙を貫いたことが傷口を大きく広げてしまった。だから、この東スポ流行語大賞受賞をきっかけに、露出したほうがイイんじゃない?」とアドバイス。矢口の芸能界への“倍返し”が東スポ流行語大賞から始まるかも?

 また、惜しくも次点となったのは「お・も・て・な・し」の滝クリではなく、同じく五輪招致プレゼンテーションでの猪瀬直樹東京都知事(67)のスピーチ「ダイナミック!」だという。

「ボクもあのスピーチ見てたんだけど、彼のアクセントがすごくおかしいのヨ。猪瀬知事は『ダイナ“ミ”ック』。でも本当は『ダイ“ナ”ミック』が正解。あの招致スピーチって、英語の先生つけて一生懸命練習したんでしょ? それなのに『ダイナ“ミ”ック』って(笑い)。英語学習に励む新橋のサラリーマンを勇気付けたという意味で表彰だヨ」(デーブ氏)

 その猪瀬氏といえば、徳洲会からの5000万円借用問題に揺れている。デーブ氏は「滝クリも猪瀬氏の『表なし』(裏ばかりの意)の事を『き・に・し・て・る』だろうね。時期が早ければ『借用証』も候補だったね」と得意のアメリカンジョークで皮肉った。

 逆に期待外れだったというのは、バカ息子の逮捕で情報番組降板を余儀なくされた、みのもんたが会見の最後に放った「バカヤロー!」だ。

「もう少しひねりが欲しかった。『朝ズバッ!』風『バカズバッ!』とか『(午後は○○)思いっきりバカヤロー!』とか、最終的には『ファイナルバカヤロー?』と疑問調にするとかね(笑い)」(デーブ氏)

 銅メダルは「板東さんの『植毛は経費だと思ってた』がいいかな」とやっつけた。

 最後に、来年流行しそうな言葉について聞くと「駐日大使に就任したキャロライン・ケネディは外せない。あれだけのセレブが日本に住むというのは海外でもトップニュースだよ。例えば『セレブ大使』とかね。とにかく彼女の発言は注目される」と指摘した。
続きを読む

「また得意の暴露ネタが出たかって感じですね」(ベテラン芸能記者)
 水沢アキ(58)の話。1日放送の関西ローカル「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(関西テレビ)でジャッキー・チェン(59)と交際の過去を告白したのだ。

 テレビ番組で共演したのを機に男女の仲に発展したとかで、「1年ぐらい付き合っていました」「とってもやさしかった。体はすごかったですね」。MCの東野幸治から「チューはうまかったの?」と突っ込まれ、「覚えてないんです」なんてカマトトぶったが、かれこれ20年以上前の色恋沙汰だし、ジャッキーが元カレだと告白したのは何も今回が初めてではない。

「02年に週刊誌のインタビューで関係のあった人物として作曲家の都倉俊一、俳優の国広富之や錦織一清、野口五郎、薬丸裕英を実名で明かしており、ジャッキーもその中のひとり。それより数カ月前には、17歳の時に森本レオから“初めて”を奪われたとワイドショーで告白したりと、ことあるごとにプライベートを小出しにして話題づくりしてきた。当時も売名行為なんていわれたものです」(前出のベテラン芸能記者)

 ダシに使われる方はたまったもんじゃない。
続きを読む

 タレント鈴木紗理奈(36)が4日、レゲエユニット「Infinity16」のTELA―C(テラシー、年齢非公表)との離婚を発表した。3日に離婚届を提出した。

【写真】09年、妊娠7カ月でTELA−Cと挙式した鈴木紗理奈

 マスコミ各社に事務所がファクスで報告した。文面には「一部報道が出てから今日に至るまで、報告出来ず心配させてしまったファンの皆様及び関係者の皆様には、深くお詫び申し上げます」とつづられている。

 2人は音楽を通して知り合い、5年間の交際を経て08年12月に結婚。10年2月には長男(3)が誕生した。

 互いに自己主張が強いためケンカの多い夫婦だったが、離婚を決断した理由は、夫の度重なる浮気に「紗理奈が耐えきれなくなった」(友人)。紗理奈は結婚後にバラエティー番組で夫の浮気について赤裸々に話したことがある。

 結婚前は知らない女性から夫に連絡が入るだけで怒り心頭だったが、結婚後は「自分は嫁だから」 と自分に言い聞かせていると明かしていた。その際に「相手を信頼するしかない」とも話していたが、2人の信頼関係はもはや修復不可能な状態。約5年の結婚生活にピリオドを打つことになった。
続きを読む

“大物独身芸能人”明石家さんま(58)が、先週発売の写真週刊誌「フライデー」に元AV女優・優希まこと(23)との“自宅熱愛”をキャッチされた。本紙は渦中の優希を都内某所で独占直撃。「推定下半身年齢」20代後半だったさんまの“元気棒”を受け入れた感想から、2人だけの“熱〜い夜”の真相を戸惑いつつ初告白した。

【関連】さんま下半身年齢は20代後半「すぐ勃って元気に」


 ――突然すみません。フライデーに撮られた件で…。さんまさんとは一夜をともにした

 優希:(しばし沈黙した後ためらいつつ)あ、は…はい。

 ――男女の関係になった

 優希:え!? まあ、そういうことです…。

 ――出会いは

 優希:最初は、テレビ番組で電話で話した(※2011年7月放送の「FNS27時間テレビ」で、さんまが好きな女性第8位に優希を挙げた)だけです。その後は何もなく…。今年の夏前くらいに、私が働いてたお店(※AV女優が多数在籍するキャバクラ店)でたまたまお会いしました。「優希まことです」って言ったら、「隣おいで」って言ってくれて…。

 ――その後は

 優希:お店が終わる時間に「アフター行ける?」ってなって、カラオケに行きました。お店の女のコも含めて全部で14〜15人で。帰るときに「連絡先教えてよ」って言われて…。

 ――どんな連絡が来た

 優希「ご飯行こう」とか。

 ――初めて2人きりで会ったのは

 優希:7月初めごろ、焼き肉屋さんに連れて行ってもらいました。

 ――どんな話を

 優希:たわいもない会話です。「彼氏おるの?」とか聞かれて「いや、いないです」とか。

 ――食事後はどうした

 優希「時間あるんやったら飲み直そか? 家飲みでもええか?」って。

 ――家でお酒を飲んだ

 優希:はい。

 ――そのまま男女の関係に

 優希:は、はい。

 ――それから自宅には何回くらい行った

 優希:4〜5回…。

 ――関係を持って、どんな印象だった

 優希:超紳士です。芸能人は(周りに)女性がいっぱいいるから手荒く扱うみたいなイメージも少しあったけど、全然そんなことはなかった。

 ――さんまさんからの愛情表現

 優希:「好きや」とかは言ってくれました。あと「肌の感じが、めっちゃ相性ええと思う」とか。

 ――改めて聞くが、さんまさんのことは好き

 優希:それはもちろんです。じゃなかったら(エッチ)したくないですから。
続きを読む

 4月に芸能界を引退し、政治家への転身を宣言していた元タレント、嶋大輔さん(49)が以前の所属事務所から借りた約2000万円をめぐる貸金請求訴訟の判決が20日、東京地裁で言い渡され、嶋さん側に1990万1000円の支払いを命じた。

【写真で見る】アンナ訴えられた!甲斐氏「ただの怠慢、おじけづいた…」85分間批判会

 起訴状によると、所属事務所は3月、嶋さんの求めに応じ、7月の参院選の出馬資金として約2000万円を貸したが、嶋さんは自民党の公認を得られず不出馬。その後、事務所側による再三の請求にも関わらず、返金しなかったという。

 この日、嶋さんは法廷に姿を見せなかった。
続きを読む

 元モデル・梅田賢三さんとの交際継続が報じられたタレントの矢口真里さんについての批判的な意見に対し、ナインティナインの岡村隆史さんが疑問を投げかけている。

 夫との離婚が成立した後に、交際関係にあった相手と付き合い続けるのは、芸能界でなかったら「意外とあたりまえのこと」であるとして、「もうええんちゃいますの別に」とラジオ番組で話した。

■「アウトってことはあんまりないやん」

 矢口さんは自宅連れ込み不倫が発覚して、2013年5月に中村昌也さんと離婚した。「体調不良」などを理由に仕事をすべて降板し、10月にブログで無期限の芸能活動休止を発表したが、週刊誌「週刊女性」(11月12日発売号)で、不倫相手の梅田さんとの2ショット写真が掲載され、半同棲も伝えられた。復帰も視野に入れた反省の意思表示としての「活動休止」宣言と見られていたため、この報道を受けて芸能人の何人かは厳しいコメントを残している。

 ORICON STYLEの記事によると和田アキ子さんは

  「やっぱりもう大人なんだから周りのことをもうちょっと考えないとダメ」「会社の人とか自分を思ってくれる人をもうちょっと考えないと、支えてくれた人に対して、女性として人間としてさみしいかな」

と発言した。

 矢口さんを責める風潮が強い中、岡村さんは擁護する側に回った。11月14日、「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、「これもうええんちゃいますの別に。もう離婚しはったよね。離婚してこの人(梅田さん)とお付き合いして」と、離婚後であるから交際は問題ないとする考えを語った。

 一連の報道を「ホンマのことはわからへんけど」としながら、もし事実あるとしても芸能人のことでなければ「意外とあたりまえのこと」と話し、離婚成立後に元浮気相手と交際が続くことは「アウトってことはあんまりないやん。一般やったら」と理解を示した。

 その一方で、「芸能界やったらタブーというか、あんまりよろしくないって。『さびしいって』アッコさんも言うてたから、そういう風になんのかなって思ったりする」と、和田さんの名前を挙げて、芸能界独特のしきたりを主張する人の存在にも触れた。
続きを読む

 金銭トラブルから以前の所属事務所に訴えられ自宅差し押さえの危機にあると週刊誌で報じられた元タレントの嶋大輔氏(49)が、スポニチ本誌の取材に応じ、係争中であることを認めた上で、返済の意思などについては「(代理人の)弁護士にお任せしていますので、お話しすることはできないんです」とコメントした。

参院選「白紙」も男のけじめ…嶋大輔 芸能界引退&政界進出

 19日発売の「フラッシュ」(光文社)によると、7月の参院選への出馬を目指していた嶋氏が、前所属事務所社長から借りた2000万円をいまだに返済しておらず、8月には自宅の仮差し押さえ命令が出されたという。今月初旬には第1回の裁判が行われた。

 嶋氏は4月に「政治家になって法律を作りたい」と、32年間活動した芸能界を引退。その後は高い知名度を生かし、全国で講演や対話集会などを行い支援の輪を広げていたが、出馬の噂があった自民党からは公認を得られず、断念していた。

 「私はもう芸能界から引退しているので…」という嶋氏。芸能界復帰については「ありません」と、きっぱり答えた。
続きを読む

このページのトップヘ