過激なニュース

まとめです。世間やみんなが思っていることをまとめていきます。

iframe_RSS
iframe02

カテゴリ: AKB

 SKE48・AKB48兼任の松井珠理奈がそれぞれのグループで一番可愛いと感じるメンバーを選出した。

 6日発売の音楽雑誌「GiRLPOP 2014 WINTER」(エムオン・エンタテインメント)は、松井を特集。撮りおろし写真に加え、グループや彼女自身について聞いたインタビューを掲載している。

 11月20日にリリースされたSKEの新曲「賛成カワイイ!」の歌詞に絡めた「SKEとAKBからマドンナを選ぶとしたら誰がいい?」という質問で、松井が選んだのはAKB48・小嶋陽菜とSKE48・木本花音。松井は、小嶋について「理想」とコメント。「みんながなりたい女の子って感じで、声も顔も可愛いしスタイルも良いし、全部完璧だなって思いますね。雰囲気もホワッとして柔らかい感じ」と絶賛している。

 16歳の木本花音は、SKEではセンターポジションを任されることも多いエース候補。松井は「顔が整ってて誰が見ても可愛い」と太鼓判を押し、「SKE48の中で一番好きな顔です」と語った。木本は、今年6月に行われた「AKB48第5回選抜総選挙」では31位にランクイン。一般知名度はまだ低いものの、注目しておくべきメンバーのようだ。

 「GiRLPOP 2014 WINTER」は、6日発売。
続きを読む

 AKB48の小嶋陽菜(25)が24日発売のフォトブック「こじはる」(講談社)で“手ブラヌード”を披露する。

【写真】「PEACH JOHN」の新CMでセクシーなランジェリー姿を披露するAKB48の小嶋陽菜

 AKBメンバーの中でも、とびきりのグラマー。色気たっぷりの表情を見せる。

 石垣島で撮り下ろした写真のほか、大島優子(25)や、7月に卒業した篠田麻里子(27)との対談も収録。自由でマイペースな性格の小嶋の写真集に、秋元康氏は「AKB48とは、小嶋陽菜の“ゆるさ”のことである」とコメントした。
続きを読む

 80年代後半に一世を風靡したドラマ「スケバン刑事」に主演した斉藤由貴(47)、南野陽子(46)、浅香唯(43)が4日、フジテレビ系の音楽番組「FNS歌謡祭」に出演し、スケバン3代が競演した。

 3代のスケバン達はAKBの面々とコラボ。斉藤は女教師風の衣装で、セーラー服姿の渡辺麻友(19)と「卒業」を披露。南野は指原莉乃(21)と大正時代の女子学生ルックの「はいからさんが通る」を、浅香はふわふわの現アイドル顔負けのミニワンピで高橋みなみ(22)、柏木由紀(22)、NMBと「C-Girl」を熱唱。いずれも当時と変わらぬ姿と歌唱力で熱唱した。
続きを読む

 九州発のアイドルグループ「HKT48」が26日、来年1月11日〜3月21日まで九州全県を回る「九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜」を行うと発表した。

 HKT48はこの日、福岡市内のHKT48劇場で劇場2周年記念特別公演を開催。

 アンコール途中で舞台上にスクリーンが登場し「HKT48紅白落選」などとテロップが流れるとメンバーたちは動揺を隠せない様子だったが、続けて初の九州ツアーを実施する旨とその概要が発表されると、皆一気に喜びの涙を流した。

 指原は「他のグループに比べてスタートが遅かった分、悔しい思いをしたこともありますが、ここでファンの皆様とメンバーが一つになるべきだと思います。皆さん、九州を制覇しましょう!」と力強く呼びかけた。

 なお、この日の公演には今月お披露目されたばかりの3期生9人を含む全48人が出演し、デビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」や2ndシングル「メロンジュース」などアンコール含め全23曲を披露。1期生16人の1人、兒玉遥(17)は「2年でたくさんの仲間が増えました。私たちの成長を感じていただけたらうれしいです」とあいさつ。

 同じく1期生の松岡菜摘(17)も「最初はスタッフさんが3人しかいなかった。そこから始まってたくさんの方に支えてもらいながらここまで来られました」と頭を下げた。
続きを読む

 19日に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で、AKB48「真夏のSounds good !」のMVが流れた。しかし、当時センターを務めていた前田敦子にボカシがかけられていたと話題になっている。

他の写真を見る

 「ロンドンハーツ」19日放送回では、出演者のAKB48・島田晴香を紹介するため、「真夏のSounds good !」(2012年5月23日発売)のMVが使われた。だが、センターで踊る前田敦子の顔にボカシが……。これまでAKBG(グループ)の映像がテレビ番組で使われる際は、卒業メンバーにはボカシがかけられることがほとんどだったが、ファンの間では「ついにあっちゃんもボカシか」と波紋が広がっている。

 スキャンダルなど問題を起こして脱退したメンバーだけでなく、円満卒業したメンバーにもボカシがかけられる理由は、肖像権の二次使用問題が関わるからといわれている。それぞれの所属事務所に許可をとるよりは、始めからボカシをかけてしまったほうが楽だと判断される場合が多いのだろう。しかし、「何も問題を起こしていないのにボカシをかけられるのは違和感がある」「なんか寂しいな」というファンの声もある。

 ところでAKB48は、今年7月に篠田麻里子、8月に板野友美と大人気メンバーが卒業。1・2期に加入した初期メンバーで現在もグループに残っているのは高橋みなみや小嶋陽菜ら7名で、次に誰が卒業を発表してもおかしくない状況だ。AKBの過去映像がボカシだらけになる日も遠くないのかもしれない。
続きを読む

 AKB48グループの高城亜樹(22)、島田晴香(20)ら10人が19日、都内で会見を開き「AKB48マラソン部」の発足を発表した。

【写真】秋元氏も怒った!乃木坂46の大胆ダンス

 マラソンを通じての地域交流を目的に、入部を志願した23人のメンバーで結成。国内外の大会へ参加する。その第1弾として、来年4月13日に開催される「グアムインターナショナルマラソン2014」への挑戦が発表された。

 今年4月に同大会の5キロの部に参加した高城は「前回マラソンの楽しさを知ったので、参加を決意しました。今回はフルマラソンを希望します」と決意表明。残るメンバーもフルマラソン完走を目標に設定した。

 今後は早稲田大学競走部中距離コーチ・渡邉高博氏らの指導のもと、トレーニングを重ねる。渡邉コーチは「(自主的に)あまりトレーニングができていないと判断されれば、そこで終わり、ということも」と“選抜落ち”があることも示唆。メンバーは一斉に「ええ〜っ」と驚き、島田は「練習しないと…」とマラソン選抜入りに執着をみせていた。
続きを読む

 アイドルグループ・NMB48のチームNが19日、大阪市のNMB48劇場で、グループ初となるオリジナル公演「ここにだって天使はいる」の初日公演を行った。

【写真】秋元氏も怒った!乃木坂46の大胆ダンス

 昨年5月に開始予定だったが、度重なる延期で、ようやく実現した公演。キャプテンの山本彩(20)は冒頭、「本当に本当にお待たせしてしまったんですけど、応援して下さる皆さんのおかげで、こうして今日、初日を迎えることができました」とあいさつした。

 今年8月、AKB48の東京ドーム公演で発表された、AKBグループ各チームの新公演の中で、最初に初日を迎えた公演。客席にはファンに混じって、AKB48総合プロデューサーの秋元康氏(55)と、総監督の高橋みなみ(22)の姿もあった。それでもリラックスしたメンバー16人は、MCで2人を“イジる”など、天真爛漫なステージを展開した。

 書き下ろしの表題曲「ここにだって天使はいる」など17曲を熱唱。ユニット曲では、山本がグループ初の試みとなる、エレキギターを演奏しながらのソロ曲を披露、渡辺美優紀はステージで衣装の“生脱ぎ”を見せるなど、演出も多彩。紅白歌合戦出場も決めた勢いそのままに、満員のファンを沸かせた。

 終演後には、ファンが退出しようとする秋元氏に「やすし〜!新公演ありがとう!」と呼びかけるシーンもあった。
続きを読む

 AKB48の大島優子が、一日9食の過食状態にあると18日のオフィシャルブログで明かした。

一日9食でもくびれバッチリ!大島優子フォトギャラリー

 「準備しちゃだめ」という記事で大島は、17日に岩手で行った握手会イベントの後に冷麺を食べに行ったことを報告し、「ビビン冷麺と普通の冷麺 一個ずつ食べてしまった…!!!」と食欲旺盛な様子を披露。続けて「最近食べ過ぎやばい」「この前、一日に9食も食べてた」と驚きの告白をし、「これって、俗に言う、冬眠準備ですか」「冬眠しようとしてるんですか、自分」と自虐気味にツッコミを入れている。

 もともと細身の大島だが、危機感を抱いているようで「というわけで、トレーニングしてきまーす」と運動も欠かさず行っている。同グループでは島崎遥香の体調不良が1か月近く続いたり、倉持明日香、HKT48の多田愛佳、SKE48の松井玲奈らが体調を崩して劇場公演やイベントを欠席する事態が相次いでいる。

 ファンからは心配の声が上がっているが、16日〜17日にかけて大島は、キャプテンを務めるチームKが10日に行われた「AKB48グループ ドラフト会議」で1位指名した後藤萌咲(12歳・愛知)を表敬訪問するなど、握手会以外にも仕事をこなしており、体力を維持するために食事の回数が多くなってしまっても不思議ではない。(清水一)
続きを読む

 アイドルグループ「AKB48」の各チームキャプテンらがこのほど、10日に行われた「AKB48グループ  ドラフト会議」で1位指名した候補者10人と2巡目で5チーム競合となった中学3年生・川本紗矢さん(15)の計11人の元をそれぞれ訪問し、指名あいさつを行った。チームBの島崎遥香さんは柏木由紀さんとともに北海道を訪れ、自らの手で交渉権を引き当てた川本さんに共演をオファー。チームKキャプテンの大島さんは愛知県を訪れ、1巡目で指名した小学6年生の後藤萌咲さん(12)とドラフト後初対面し、「一目ぼれだった」と熱い思いを伝えた。

【写真特集】大島優子が一目ぼれ! チームKの“ドラ1”後藤萌咲さん
続きを読む

このページのトップヘ